内臓脂肪を下げる方法

内臓脂肪

内臓脂肪を下げる方法は、もちろん運動や食生活の改善が大切ですが、もっと効率よく下げる良い成分を知っていますか?
内臓脂肪に作用する成分はいくつかありますが、代表的な成分は【DHA・EPA】です。
ご存知の通り、お魚が持っている成分のことで不飽和脂肪酸です。
どちらも内臓脂肪に働きかけます。
内臓脂肪自体を作らないように働き、内臓脂肪によるドロドロ血液の改善にもアプローチ。

 

内臓脂肪を解消するサプリメントの人気ランキング!
 きなり

内臓脂肪

きなりは今、評判のサプリメントです!モニター調査によると満足度は96%、リピート率は85%以上と高い評価を誇っています!
人気の秘密はきなりに含まれる成分量です。内臓脂肪を下げる効果のあるDHA・EPAは1日分(4粒中)にして500mgも含まれます。
1日の摂取目安の半分をきなりで補うことができるのが高い満足度に繋がっているようです。

>>>きなりの詳細はこちら!

価格 1,980円
容量 120粒 1日4粒目安
評価 内臓脂肪

 

 三黒の美酢

内臓脂肪

花菜(ハンナ)のサプリメント、三黒の美酢はDHA・EPA含有魚油を中心に「黒酢もろみ末・醗酵黒にんにく末・黒卵黄油」を含んでいます。
3つの黒い原料が、内臓脂肪や血液にアプローチ。
黒い素材にはポリフェノールやアミノ酸、アルギニンなどが含まれています。
これらの成分が生活習慣によって増えやすい内臓脂肪に働きかけます。

>>>三黒の美酢の詳細はこちら!

価格 1,400円
容量 62粒 1日3粒目安
評価 内臓脂肪

 

 ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

内臓脂肪

DHAやEPAとナットウキナーゼ。ウワサの3成分がコレひとつで補えます。ナットウキナーゼには血栓を溶かし血液をサラサラにする作用があるので心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを低く抑えることができます。なによりも、製薬会社が販売しているところが利点です。小林製薬が開発販売している商品で、利用者からは「安心感がある」と評判です。確かに、製薬会社の手掛ける商品なら安全性が高いと思いますね。

>>>ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットの詳細はこちら!

価格 1,500円
容量 30粒 1日1粒目安
評価 内臓脂肪

 

 


私たちは食べることで毎日のエネルギーを作っていますが、食べ過ぎたり、運動不足になるとエネルギーが余ってしまいます。
すると、「もしものために蓄えておこう!」と体が考えて、肝臓で内臓脂肪という形で体内に留まります。
この悪循環を繰り返して内臓脂肪が増えてしまうと、肝臓が「もう処理できないよ!」と困り果てて、血管や赤血球の膜の柔軟性を奪う「レムナント」という成分が血中で増加します。
この成分はとても厄介で、柔軟性が失われた赤血球は硬くなるので血管内で流れにくくなってしまいます。
しかも、固まった赤血球はパーンッと破れやすく、中に含まれるアデノシンリン酸が血中に流れ込んで血小板を固める原因になります。
簡単に言えば、内臓脂肪によって不健康な体が作られてしまいます。
ここで働く助っ人が「DHA」と「EPA」です。
DHAは肝臓内で起こる内臓脂肪の生成を抑制したり、血管や赤血球に柔軟性を与える働きがあります。
EPAは血小板を固まりにくくする働きがあります。
2つの成分によって、内臓脂肪の増加を抑え、さらに既に悪影響を受けている血中の問題を改善していくことが出来ます。

 

皆さんはDHAやEPAを十分に補えているでしょうか?
イエス? ノー?
ノーと答える人の方が割合的に多いと思います。
魚料理を食べないと、この成分はほとんど摂取できません。
ですが、最近は便利なサプリメントも登場しています。

  • 内臓脂肪が気になるけど魚料理が苦手
  • DHAやEPAが足りていない
  • 血液検査で内臓脂肪値が高かった
  • 動脈硬化や心筋梗塞の対策をしたい

という方は、ぜひサプリメントを試してみてください。

 

このサイトでは、評判の高いDHA・EPA配合サプリメントを特集しています。
その他、内臓脂肪を下げる方法について解説しています。


内臓脂肪の解消法

内臓脂肪は内臓の働きを低下させたり、生活習慣病を引き起こすことがあります。溜まった内臓脂肪を解消するためには、どのような方法を実践すれば良いのでしょうか?
内臓脂肪と皮下脂肪を比べると、内臓脂肪の方から先に消費されるようになっています。効率よく内臓脂肪を消費するためには、体を動かすことが最も効果的です。特に有酸素運動を取り入れたダイエット法が効果的ですから、ジョギングやウォーキングなどの手軽にできる運動を始めましょう。ダイエットを始める際、スピーディに効果を実感するためハードな運動や筋力トレーニングを行いがちです。しかし、普段運動をする機会のない方がいきなりハードな運動を始めても、長続きさせることは困難です。
特別なことをするのではなく、歩くだけでも十分運動になります。通勤時間を利用するのであれば、利用しているバス停や駅を一つずらして歩いてみるのも良いでしょう。また、エレベーターやエスカレーターを使わず、階段で昇り降りするだけでも効果があります。運動はまとめて時間を取らなくても、少しずつ取り入れても内臓脂肪の燃焼に繋がります。
体内に溜まった脂肪を取り除くためには、エネルギーを消費する必要があります。エネルギーは筋肉を使って消費されるため、普段使わない筋肉を使う方法も効果的です。
自宅にいながら簡単にできる運動といえば、ストレッチやエクササイズがあります。毎晩テレビを見ながらでも構いませんし、何かの動作をしながらでも体の筋肉を使うことは可能ですね。

 

また、内臓脂肪を解消させるためには、食事の工夫も必要です。高カロリーの食事は避けて積極的に野菜を取り入れ、摂取カロリーを調整しましょう。
カロリーが気になる方にはカロリーカットサプリメントとして話題のサラシアサプリメントが大変支持されています。

体脂肪が燃焼される仕組みとは?

体脂肪が気になる方は、効率よく体脂肪を燃焼できるダイエットを実践しましょう。体脂肪が多ければ多いほど、体重も増えて体が不健康な状態になります。ダイエットを成功させるためには、体脂肪を燃料させる方法が最も効果的です。
そもそも体に蓄積された脂肪が燃焼するというのは、どのような仕組みになっているのでしょうか?
人間が生命活動を維持するためには、摂取した栄養素をエネルギーとして使うわけですが、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが悪いと体重に変化が現れます。過剰に摂取したカロリーは、消費されずに体内に残り体脂肪になります。ただ、体脂肪が全て悪いものではなく、活動に必要なエネルギーが足りないときに、いつでも補えるよう蓄えています。もしエネルギーが不足したときは、体の中では血糖値が下がるようになっています。血糖値を安定させるために酵素の一種であるリパーゼが働き、溜まった脂肪を分解していきます。体脂肪はリパーゼの働きによって分解され、グリセロールと遊離脂肪酸となります。これらの成分は血液中に溶け出し、全身に運ばれてエネルギーとして活躍します。遊離脂肪酸は筋肉で燃焼される仕組みになっています。
人間のエネルギー源は、体脂肪と糖分です。一番初めに消費される成分がグリコーゲンで、全て使い終わると次に燃焼されるのが体脂肪です。体脂肪を効率よく燃焼するためには、食事制限だけでなく適度な運動を取り入れることが大切です。一定時間体を動かすことで、脂肪の燃焼が始まります。

内臓脂肪と皮下脂肪

体脂肪が燃焼されるとき、体の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか?
脂肪が蓄積されるのは、日頃の運動不足や食事の過剰摂取が原因です。摂取したカロリーをエネルギーとして使い切れないと、脂肪はどんどん溜まっていきます。体内に残った中性脂肪が脂肪細胞になることで、体脂肪が増加していきます。
体脂肪の中でも皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、皮膚の下に溜まるのが皮下脂肪であるのに対して、内臓脂肪は内臓にある胃や腸の周辺に蓄積されます。
皮下脂肪は比較的燃焼しにくいものですが、簡単には溜まらないのも特徴です。一方、内臓脂肪の方は燃焼も蓄積も頻繁に行われます。そのため、運動などで脂肪が燃焼されるのは内臓脂肪の方になります。
性別で見ても統計的に違いがあり、皮下脂肪が多いのは女性で、内臓脂肪が多いのは男性と言われています。
皮下脂肪は外から受ける衝撃から守ったり、熱を遮断する働きや緊急用のエネルギーとしての役目を持っています。
普段エネルギーとして使われているのは内臓脂肪ですから、燃焼しやすいという特徴があります。内臓脂肪が適量であれば正常な内臓を保てます。しかし、適量以上の内臓脂肪が溜まると生活習慣病にかかるリスクが高くなります。動脈硬化や高脂血症、心筋梗塞につながりやすくなるため、内臓脂肪の増加を放置しておくことは良くありません。男性だけでなく、女性でも内臓脂肪の増加が問題視されています。内臓脂肪によりお腹が前に出っ張った状態をリンゴ型と言います。また、皮下脂肪によって下腹部だけが垂れ下がる状態を洋ナシ型と言います。どちらも改善が必要ですから、適度な運動を習慣にして脂肪を解消しましょう。

体脂肪は有酸素運動で燃焼

体脂肪を燃焼させたい方には、有酸素運動が勧められています。有酸素運動とは、呼吸することによって取り込んだ酸素を細胞に送りながら行う運動を言います。有酸素運動はハードな運動ではなく、息切れしない程度の適度な運動が多くなっています。自分が持っている最大の力を発揮するのではなく、その半分程度を使って行うのが特徴です。
ハードな運動では疲れやすいため、一定の時間続けることが難しいですね。しかし、有酸素運動であるジョギングやウォーキング、スイミングなどは比較的長い時間続けることができます。これらの運動以外にも有酸素運動といえるものはいくつかありますから、自分に合った運動を見つけましょう。
有酸素運動なら激しい動きは伴わないため、乳酸が筋肉に溜まることはありません。運動することによって燃焼できる脂肪は、ほとんどが内臓脂肪です。内臓脂肪は男性の体に溜まりやすく、女性の場合は皮下脂肪が溜まりやすくなっています。
体に溜まった脂肪が燃焼し始めるのは有酸素運動を始めてから20分以上後ですから、それ以内で終わっては意味がありません。呼吸が乱れず人と話ができる程度の負荷をかけるのが有酸素運動です。
内臓脂肪は、適量であれば健康な内臓を保つことができます。また、燃焼しやすい脂肪でもあるため、運動を続ければ簡単に落とせるでしょう。内臓脂肪は皮下脂肪と違い、毛細血管が多く存在しています。つまり、体脂肪が血液中に流れやすいため、燃焼スピードも速くなるのです。
有酸素運動を行うことのメリットは、体脂肪を燃焼させるだけでなく血行促進や代謝の活性化、心肺機能の正常化など複数あります。毎日の生活に有酸素運度を取り入れましょう。

内臓脂肪値を上げるも下げるも、生活習慣で左右されると言っても過言ではありません。
一般的に内臓脂肪が増える原因は生活習慣にあります。
内臓脂肪を下げる生活習慣のポイント

 

内臓脂肪を高める最大の原因は食生活と言えます。
脂質や糖質(炭水化物)の摂り過ぎが、内臓脂肪に反映されます。
つまり、脂質や糖質の摂取を制限することで内臓脂肪は下げられます。
食生活の改善点

 

内臓脂肪が作られるメカニズムは、
「食べ物から栄養をとる⇒エネルギーに変わる⇒エネルギーが消費しきれない⇒内臓脂肪として蓄える」
ですから、運動不足も内臓脂肪を高める原因と言えます。
運動不足の改善点

 

食生活を見直す・運動不足を解消した上で、もう一工夫。
特定保健用食品、俗に言う「トクホ」商品の活用でスムーズに健康効果を得られます。
特定保健用食品の活用

↓ コレ ↓
5478