食生活の改善点

内臓脂肪を高める最大の原因は食生活と言えます。
脂質や糖質(炭水化物)の摂り過ぎが、内臓脂肪に反映されます。
つまり、脂質や糖質の摂取を制限することで内臓脂肪は下げられます。
とはいえ、急な食生活の変化はストレスにもなるので、バランスのいい食生活を心がければOKです。
バランスのいい食生活を継続すると、内臓脂肪は徐々に減り、さらに内臓脂肪がつきにくい健康体の維持にもなります。

 

もっとも、内臓脂肪を下げるためには「DHA」や「EPA」が必要な成分と言われています。
これはお魚に含まれている成分で、イワシやサンマなど青魚類が多く含んでいます。
DHAとEPAは強力なタッグで、内臓脂肪の生成を抑制しながらすでに内臓脂肪によって固まった血管や赤血球を柔らかく改善する働きもあります。

 

現代では肉料理を好む日本人が増えているので、魚料理をあまり食べていないのではないでしょうか。
普段の食事を魚料理中心に、和食に変えるだけでも健康効果に期待出来ます。

 

動物性の肉料理に比べると海の幸は体に対して良い食材です。
イワシなどはDHAやEPAを摂れますし、ワカメは体内の不要成分(糖分や脂分)を排出するアルギニン酸を含んでいます。
にんにくやクルミなど植物性の栄養素も内臓脂肪を下げるだけでなく、健康に良い食材です。
にんにくは血液をサラサラにしながら脂肪燃焼を促すアリインを含有。クルミはαリノレン酸という内臓脂肪を下げる植物性脂肪酸を含んでいます。

 

逆に、内臓脂肪が気になる時に避けたい食品もあるので注意。
たとえば、「果物」です。一般的に身体に良いイメージがありますが、食べ過ぎると糖質を摂り過ぎてしまい、内臓脂肪の原因になります。おやつを果物にするなどの工夫ならOK。

 

毎日のように晩酌している方は酒の量も減らすこと。
完全にやめる必要はありません。(逆にストレスになるので)
ただ、休肝日を作り、摂取量を抑えるようにしましょう。

 

食生活を改善することで、サプリメントも力を発揮します。