内臓脂肪を下げる生活習慣のポイント

内臓脂肪値を上げるも下げるも、生活習慣で左右されると言っても過言ではありません。
一般的に内臓脂肪が増える原因は生活習慣にあります。
裏を返せば、生活習慣を見直すだけでも内臓脂肪値を改善出来る可能性があるということです。

 

内臓脂肪を改善するための生活習慣の見直しポイントをまとめました。
今後の生活の参考にしてください。

 

□食生活
内臓脂肪を上げる第一の原因は食事です。
脂っこい肉料理ばかり食べるような食生活、インスタント食品、ファストフードなど偏った食生活が原因の一つ。
脂質の摂り過ぎや糖質の摂り過ぎは注意が必要。
エネルギーのために必要な栄養も、使われないと内臓脂肪に変換されて蓄積されてしまいます。

 

□嗜好品(アルコール・タバコ)
お酒や喫煙などの嗜好品も内臓脂肪の原因になる。
完全に断つ方が健康的ですが、やめることがストレスになるなら意味がないので減らすところから始めましょう。
休肝日を作ることは当然として、晩酌を3日に1回、1週間に1回という風に減らすことが理想。

 

□運動
運動不足ではエネルギーが使われず、どんどん内臓脂肪が作られてしまいます。
一駅分歩く、階段を使うなどできることからで構いません。
疲れるほどのハードな運動でなくても、適度な運動を習慣にしましょう。

 

上記のポイントの具体的な見直し方や、その他の改善点は各記事で説明していきます。ぜひ、そちらの記事もご覧ください。