内臓脂肪の仕組み

体に溜まる脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪があります。このうち内臓脂肪の方がダイエットとの繋がりが深くなります。
肥満体形の中でも、お腹がポッコリと出っ張った状態で掴むことができない脂肪の場合は、内臓脂肪型の肥満に分類されます。内臓脂肪とは内臓に溜まる脂肪のことで、外からは判断しにくいですが、内臓には大量の脂肪が蓄積されています。
内臓脂肪は放っておくと内臓への負担が大きくなり、大きな病気を引き起こすことがあります。病気を予防して健康な体を維持するためには、内臓脂肪を解消するダイエットを実践しなければなりません。内臓脂肪からくる病気には、高血圧や高血糖から起こる生活習慣病があります。
近年問題となっているメタボリック症候群が増加していますが、脳梗塞や心筋梗塞などの怖い病気に繋がるため、早目に対策をとる必要があります。
また、メタボ体型では美容も損ねてしまいます。美容と健康を促進するためにも、ダイエットは欠かせません。
内臓脂肪の解消に効果的な有酸素運動を取り入れ、溜まった内臓脂肪を燃焼させましょう。内臓脂肪の場合はお腹の部分に蓄積されていますから、ダイエット効果が分かりやすくなっています。出っ張ったお腹がへこんだら、内臓脂肪が燃焼されているサインになります。
ただ、運動によって内臓脂肪は遊離脂肪酸となり血液中に溶け出します。その結果、高血圧や糖尿病を招くことになりますから注意しましょう。内臓脂肪は蓄積する前に予防することが大切です。初めからダイエットの必要がない体型の維持に努めましょう。